『王様の耳 〜誰にも言えない秘密たち〜』第2章<13-過去の真実と、ひそやかな味方と、新たに生まれた目的でした。>更新!: BL萌菜香のひとりごと
最近の記事 人気記事 プロフィール 進行報告ツイート カテゴリ

『王様の耳 〜誰にも言えない秘密たち〜』第2章<13-過去の真実と、ひそやかな味方と、新たに生まれた目的でした。>更新!

2016年12月07日 at 09:35

 でも、ダメでした。
 そんなネガティブなトランス状態を長く維持することは、僕には無理なようです。
 どれだけ弱っていても、どれだけ父を羨ましく思っていても、やはり僕は僕でしかありません。
 確かに愛する父をこの腕のなかで看取ったときには底知れないダメージを受けましたが、父似の祖父から受ける強姦や監禁くらいじゃ、僕を死の淵まで遁走させることはできませんでした。

体験談風BL小説『王様の耳 〜誰にも言えない秘密たち〜』
第2章:性的虐待の連鎖は僕で終わりです。【オーナー:聖史】
13-過去の真実と、ひそやかな味方と、新たに生まれた目的でした。
を更新しました!

はい、えーと。12月4日の更新でした。
じつは今朝というか深夜に、『恋人の望みを叶える方法』の10話を更新しまして。

あ! 『王様の〜』のブログ報告を書いてなかったよ!って慌ててる次第です(笑)

きよし君は、とことん不幸になる予定でした。
不幸になれましたかね?
これ以降はあまり不幸要素はないんです。
と、作者が思ってるだけかもしれませんが。

とことん不幸にしておいて、
公けには叫べない悲痛な秘密を吐露する場所として、仲間を募り、秘密サロンを設立した。
という設定なもので、不幸に次ぐ不幸を用意したつもりでしたが…

なんだか、スラム育ちのド根性が発揮されてしまってからは、なかなかしたたかで、不幸味が薄れてしまったような…
ま、いいか。

やっと7割くらいまで話が進んできたところでしょうか。
早く終わりたい病が発症しそうです。

じつは3章、4章のネタが決まっていまして。
3章は、疲れたオヤジの癒され溺愛受け。
4章は、痴漢ハンターの襲われ受け(←通じるかな?)。
をお送りする予定です。

いま、『王様の〜』と『恋人の〜』と『セリフじゃなくて』の3本同時連載なんですが。
短編も書きたいな〜と思ってまして。

これまで書いた短編が『恋する水泳部(見澤部長の場合)』『あの春のやくそく』と、エロ少なめの短編だったので、今度はガッツリえっちな短編に挑戦してみたいです。

でも、『親友をセフレにする方法』の改稿も進んでないし…
まだ無理ですね。

あやや。『少年人魚の彼といっしょに』を忘れてた。
あれが一応エロ中心の短編か?
いや、あれはガッツリとは言えないよなぁ〜

ともかく、あれこれ書く時間が欲しい!
ブログランキング・にほんブログ村へ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック