メディア鑑賞 実写(映画・ドラマ)話: BL萌菜香のひとりごと
最近の記事 人気記事 プロフィール 進行報告ツイート カテゴリ

『センター・オブ・ジ・アース』感想

2016年01月21日 at 16:25

ケーブルテレビで録画しておいたものを視聴。
けっこう前に録画したまま寝かしてました(笑)

でも、寝かしてたのはもったいなかった!!
めっちゃおもしろかった!!

笑いで掴んで、アクションで引っ張って、涙を誘って、絆で締めくくる!
ハラハラした分、ホッとした。
大団円で気分スッキリ!

おすすめの作品です♪

私が見たのは吹き替え版だったんですが。
Wikiを見ると、吹き替えを当ててる俳優さんは2組あるみたい。

主人公のトレバー…とても特徴的なハスキー声だったんだけど、どっちだったんだろ?
最初はなじまなかったのに、最後はとてもしっくりくる感じでよかったなぁ♪

タグ:映画

ブログランキング・にほんブログ村へ

実写映画『96時間 リベンジ』感想

2015年10月23日 at 10:04

2008年『96時間』
2012年『96時間/リベンジ』
2014年『96時間/レクイエム』
フランス映画。

だそうです。
1作目、3作目は未視聴。

2作目を金曜ロードショーの録画で見ました。

1作目で誘拐された経験のある娘キムと、元CIAのブライアンが、ブライアンの元妻でキムの母であるレノーアを救い出すために奔走する。

テーマは、犯罪被害者の悲哀と復讐心かな?

誘拐された経験のあるキムを心配するブライアンを、娘も元妻も辟易しつつも理解してる。
でも心配することをやめようとしないブライアン。

それなりに平穏無事に過ごす中で、キムに彼氏ができた(笑)
ブライアンは、やっぱり心配で、GPSやら、元CIAのネットワークを使って不安を解消してしまう。

レノーアの現夫との不和を知ったブライアンは、気晴らしに旅行に誘う。
そこで、1作目の犯人(1作目で死亡)の父親が、息子の死の代価をブライアンに払わせようと、レノーアとキムを狙う。


ブライアンとともに誘拐されたレノーア。
ブライアンの機転で誘拐を免れたキム。
何としてでも家族を守りたいブライアン。

身動きの取れないブライアンの代わりにキムが「私に指示をちょうだい」と踏ん張ります。

カーチェイスがすごかった!
ブライアンに「運転か、銃撃戦か」とムチャ振りされた仮免のキムは本当に頑張った!


前半は、ブライアン脱出に手を貸すキムと、キムの安全を図るブライアンの活躍。
後半は、ブライアンによるレノーア救出劇。

最後は、息子(1作目犯人)を殺された父親(2作目犯人)とのブライアンの一騎打ち。

復讐はいたちごっこできりがない。
でも復讐心を消すことはたやすくない。

この作品が伝えようとしてることはそこでしょうね。

アクションも素晴らしかったけど、ブライアンの父としての心配性がラストにちょこっと笑わせてくれるガス抜きになってて良かったです。


タグ:映画

ブログランキング・にほんブログ村へ

実写版『TIGER & BUNNY』ハリウッド告知だって!

2015年10月12日 at 10:52

ハリウッドで、タイバニが実写映画になるんですと!

アニメの実写化には抵抗があるんですが…
尾崎雅之さん(バンダイナムコピクチャーズ常務取締役)が発表してるコメントが…!

『タイバニ愛があったからこそ』
『原作チームによるクオリティコントロールが可能であるかという点』
『原作アニメの継続展開における自由度の高さ』

萌菜香が反応してしまったのは、3番目!
げ、原作アニメ…継続するんですか!?

ヒャッホー!!

アニメの実写化にはテンションさがるんですが、タイバニは期待できるかも〜♪


でも、
こういう場合、例のスポンサーロゴは、世界仕様になっちゃうのかな〜?
牛角さんが牛角さんじゃなくなるのは嫌だなぁ…


ブログランキング・にほんブログ村へ