(6) BL萌菜香のひとりごと
最近の記事 人気記事 プロフィール 進行報告ツイート カテゴリ

『恋人の望みを叶える方法』<08 焦らしてみましょう。>更新!

2016年11月28日 at 04:42

 吸われていた親指をアナルから抜き去り、そのかわりに埋め込んだのは人差し指と中指だ。親指が纏っていた滑りを借りはしたが、すっかり解れていたアナルは、いきなり増やされたそれらの指も易々と飲み込んでいく。
 熱く充血した内壁はひどくぬかるんでいた。

『恋人の望みを叶える方法』(BL小説『親友をセフレにする方法』の続編)

例のごとく、かなり遅れての更新情報で、すみません。

後半の一部を書き替えてます。
同じ表現の連用とか、いかに駆け足であげたか知れる感じだったので。
いつも連用には注意してるのにぃ、くぅ、悔しい。

でも、思っていた着地点まで書けたので満足でした。
いい加減、前立腺くらい触ってやらんと、幸成くんが気の毒で(笑)

現在、09話を執筆中。
いまのところ順調。
着地点も見えてるし、大悟の気持ちの流れも掴めてる。
大丈夫。時間さえあれば…

どこかで、今週は結構時間があるからとか書いた気がするんだけど、よく見たらなかった…
病院と、参観と、仕事が1本。いや2件。
ヤバいっす。

ひそかに、毎月10話更新を目標にしてます。
今月は現時点で9話の更新。
セリフじゃなくて』が2話。
恋人の望みを叶える方法』が4話。
王様の耳』1話。
少年人魚の彼といっしょに』が2話。
ほかに、『あの春のやくそく』の改稿もしたし、いい加減『親友をセフレにする方法』を改稿しないとならんかったりするんで、まあ、今月は9話更新でもいいかなぁとか思ったりするんだけども…

でも、やっぱりしたいよね。最新話更新。
頑張ろ。
ブログランキング・にほんブログ村へ

『王様の耳 〜誰にも言えない秘密たち〜』第2章<12-そんななかで僕をこの世に繋ぎとめていたのは、>更新!

2016年11月23日 at 11:43


 以来、祖父は最低でも週に二度は僕を呼び出し、目隠しをさせたまま抱くようになりました。
 もちろん抵抗はしました。でも、すぐに諦めました。
 妙に手慣れた輝彦父に、積極的にではないにしろ輝彦までが相手では敵うわけもありません。



(サイドメニューの更新情報を更新するのがめんどくなり撤去したので(笑)、記事本文に小説本文を引用してみました)

体験談風BL小説『王様の耳 〜誰にも言えない秘密たち〜』
第2章:性的虐待の連鎖は僕で終わりです。【オーナー:聖史】
12-そんななかで僕をこの世に繋ぎとめていたのは、
を更新しました!

例のごとく、こっちでの報告を忘れてました(;´д`)
19日に更新してたんですね。

どこまで書いたっけ?と読み返してみたら…
相変わらず読点が多いなオイ。
ああいや、そんなことではなく。

キッツいシーンで終わってましたね。
早く続きを書かないと!

これも、書いてるうちに、きよしくんはこんなことを思っていたのかと、キャラに教えられたシーンでした。
つらかったねぇ…きよしくん。
どうやって幸せにしてあげようね。
頑張らないとなぁ。
ブログランキング・にほんブログ村へ

全年齢BLをなろうに投稿したら表に登録されちゃった!『あの春のやくそく』改稿版。

2016年11月16日 at 17:16

やっとこさ『あの春のやくそく』の改稿が終わりました!

改稿エピソードについては、アルファポリスの近況ボード『改稿完了!』で書いたんですが、
小説家になろうへの移植の際に、ぅんぎゃーっなことがあったので、ブログで触れておこうかと。

これまで萌菜香が発表してきた小説は、この『あの春のやくそく』以外は、全部R18指定でした。
小説家になろうでも、投稿するときは全部年齢制限をかけていたので、これまでの小説は、表ではなく裏のムーンライト(大人の女性向け)に投稿されてたんです。

でも、女装ショタ同士の唇が触れ合っただけのキスに、年齢制限をかけるわけにもいかず、年齢制限なしで投稿したら…
表の小説家になろうへ投稿されちゃってました。

どうりで登録画面の雰囲気がいつもと違うと思ったよ。

なろうの表では、BL以外の作品を書いたとき用に「藍栖久里夢」というペンネームを設定してますが、これまで使ったことはありません。
いつか、BLくさい一般小説を書いてやろうとは思うものの、いまのところBLストックを消化するのに手一杯で、そっちまで手が回りません(笑)

全年齢対象なら表でBLってもいいんですねぇ。
ときどき表でBLしてる作家さんを見て、なんでだろう?って思ってたけど、そういうことだったのか。
そんなこととはつゆ知らず、表に出てしまった自分の作品を見て、ぅんぎゃーと叫んでしまった萌菜香でした。
ブログランキング・にほんブログ村へ